国際ブランドとは|ViSAやMasterってなに?おすすめの国際ブランドを紹介

更新日 2020年11月10日

国際ブランドとは

様々な国際ブランドのクレジットカード

国際ブランドとは

Visa・Master・JCBなどで知られる「国際ブランド」とは、クレジットカードの決済システムを提供する会社のことです。

ほとんど全てのクレジットカードに国際ブランドがついているため、私たちは世界中の国際ブランド加盟店でカードを利用することができます。
例えばVisa加盟店であれば、どのVisaカードでも世界中で使えます。

「国や地域にとらわれず、加盟店であれば国際的に利用できる」ため、国際ブランドと呼ばれています。

各国際ブランドの特徴

国際ブランドには、Visa・Mastercardなど有名なものが世界で7種類あります。

各国際ブランドの特徴をご紹介しますので、国際ブランドを選ぶ際にぜひご参考ください。

クレジットカードの国際ブランドは、一度選んでしまうと変更が効かない場合も多いので慎重にご検討ください。

VISA

VISAはValue Issuer Service Areaの頭文字を取ったもので、1958年にバンク・オブ・アメリカにより創業されたアメリカ発のブランドです。

取引数でシェアが世界1位(※1)で、クレジットカード発行枚数は全世界で11億枚(※2)にも上ります。

2019年のVisaの取引件数が世界1位

国際ブランドごとの世界の取引件数(2019)

クレジットカードが利用できるところは、ほぼVISAが利用できると言っても過言でなく、最初にクレジットカードをつくるのであれば迷わずVISAを選ぶことをお勧めします。

Visa単体ではクレジットカードを発行していない( = プロパーカードは発行していない)ので、Visaと提携している発行会社でVisaカードを申し込みましょう。

※参考:プロパーカードと提携カードの違い

解説者
筆者

特にアメリカやヨーロッパでのクレカ利用を考えている方は、不自由なく使えるVisaが安心です。

Visaのおすすめクレジットカード

Visaが選べるおすすめのクレジットカードをご紹介します。

MasterCard

MasterCardはVisa、銀聯(中国中心の国際ブランド)に次ぐ世界3位の取引数を誇ります。
カード発行数はVisaよりも少ない9.3億枚(※3)ですが、加盟店・使用範囲はVisaとほとんど変わらないようです。

VISAと同様にクレジットカード自体では発行しておらず、ライセンシングした企業がカードを発行しています。

国内では、三井住友カード会社がVISAとMasterCardを取り扱っている関係で、使用可能店舗はVISAの使用範囲とほとんど同じと言われています。

Mastercardのおすすめクレジットカード

Mastercardが選べるおすすめのクレジットカードをご紹介します。

JCB

JCBは株式会社日本クレジットビューローが発行している日本ブランドです。

日本発の為、日本はもちろんアジアやハワイ、グアムには加盟店が多いものの、ヨーロッパなどになると利用できないお店も多いようです。また、日本でもネットショップによっては使えないお店があります。

加盟店はAmerican Express・ディスカバーと提携しており、互いの加盟店でカード決済を利用できます。

JCB限定の旅行サービス満載

加盟店はVISA・MasterCardに比べて少ないですが、旅行系のサービスが充実しています。

JCBのおすすめクレジットカード

VisaやMasterと違って、JCB自体もクレジットカードを発行しています。

解説者
筆者

海外での加盟店は少ないながらもサービスや保険は充実しているので、Visa・MasterカードとともにJCBのカードも海外旅行に持っていくと安心できます。

American Express(アメックス)

アメックスといえば、普通カードのグリーンでもゴールドカードの価値があるといわれるステータスカードです。

年会費は高いですが、ホテルやレストランなどの優待空港ラウンジの利用など、トラブル時の対応やショッピング保険の補償などステータスに見合ったサービスが提供されます。

解説者
筆者

普通カードで、一般的なゴールドカードをしのぐ豪華なサービス内容です。

年会費を抑えてアメックスを持つ方法

アメックス自体が発行するカード(プロパーカード)は有名ですが、実はセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードなどの提携カードもあります。

プロパーカードに比べて年会費がお手頃なので、気軽にアメックスを持ってみたい方におすすめです!
提携カード限定の特典である「アメリカン・エキスプレス・コネクト」も用意されています。

Diners Club(ダイナースクラブ)

アメックスと同様、ステータスカードとしての位置づけられており、ゴールドカード並の収入とステータスがないと保有することができません。また、27歳以上と年齢制限もあります。日本では、三井住友トラストクラブが運営しています。

加盟店はJCBと提携しているため、日本ではほとんどの店舗で使用できます
また、ディスカバー加盟店でもカードが利用できます。

さらに一部のダイナースクラブカードには、Mastercardの「TRUST CLUB プラチナマスターカード」を付帯することができ、利用範囲が広がります。

中国銀聯(ぎんれん)

名前の通り、中国のブランドのデビットカードです。
日本では発行できるカードが限られますが、三井住友カードなら三井住友銀聯カードを発行することができます。

中国ブランドということで、本土ではVISAやMasterCardよりも利用可能店舗が多く、本土でのカード発行枚数は80億枚(※4)近くになります。
世界での存在感も増してきており、中国本土を除いても1.3億枚(※5)の発行数があります。

Discover card(ディスカバー)

ディスカバーファイナンシャルサービスが展開するアメリカブランドで、知名度は世界から見るJCBの様なイメージです。

加盟店は中国銀聯とJCBと連携しているため、日本での利用も多くの店舗で可能となっています。

国際ブランドの分類

ここまで紹介した国際ブランドは、大きく2つのカテゴリに分けられます。

1つは「決済カードブランド」と呼ばれるもので、VisaやMastercardが該当します。 決済機能の利便性に特化しており、世界中に加盟店が多く国内外問わず利用できる幅が広いのが特徴です。

もう1つは、「T&Eカード(トラベル&エンターテイメントカード)」で、JCB、American Express、DinersClubが該当します。
加盟店数は地域によってはVisaやMasterに劣りますが、旅行先での保険やサービスデスクなどの会員向けサポートが充実しているのが特徴です。

国際ブランドのカテゴリ
カテゴリ 特徴 国際ブランド
決済カードブランド 決済機能の使いやすさにこだり Visa
Mastercard
T&E(Travel&Entertainment)カードブランド 旅行先での保険やサービスデスクなどの会員向けサポート重視 JCB
American Express
Diners

この記事のまとめ

クレジットカードに国際ブランドが付いているおかげで、世界中の加盟店でクレジットカードを利用することができます。

国際ブランドによって加盟店数や加盟店が多い地域にばらつきがあるので、初めてクレジットカードを作る場合は、世界中に加盟店が多いVisaかMastercardがおすすめです。国内に限ると、JCBも不自由なく利用できます。

また、旅行サービスやステータスを重視する場合は、アメックスやダイナースクラブも検討してみましょう。

初心者必見!国際ブランドに関するQ&A

国際ブランドは何を選ぶのがおすすめですか?

初めてクレジットカードを作る場合は、世界中に加盟店が多いVisaかMastercardがおすすめです。
日本国内であればJCBも問題なく利用できますが、ヨーロッパなどではJCBが使えないお店も多いです。

サービスやステータスを重視する方は、アメックスやダイナースという選択肢もあります。

同じ国際ブランドのクレジットカードを複数申し込むことはできますか?

可能です。ただしメリットがあまりないので、おすすめはしません。
国際ブランドごとに異なる特徴があるので、せっかく複数枚カードを作るのであれば国際ブランド違いで組み合わせるのがおすすめです。

※参考:クレジットカード2枚持ちのおすすめ組み合わせ

あまり知られていませんが、同じクレジットカードで異なる国際ブランドで2枚発行できるクレカもあります。
例えば、楽天カードなら1枚目がVisaの場合のみ、2枚目をJCBかMasterで発行することができます。
全く別のクレカを持つ場合に比べて、ポイントが合算できたり、明細の確認が1つのアプリで済んだりとメリットも多いのでおすすめです。

国際ブランドごとに手数料は変わりますか?

カード利用者は、基本的に手数料の負担は必要ありません。

しかし、加盟店(お店)がカード会社や国際ブランドの会社に対して、手数料を支払う必要があります。
その際の手数料は、カード発行会社や国際ブランドによって差があるようです。

※参考:クレジットカードとは?使い方や決済・ポイント還元の仕組みについて