クレジットカードのセキュリティコードとは?

更新日 2020年8月19日

セキュリティコードとは?

最近ネットショッピングなどでクレジットカード決済をした時に入力を求められることが多くなった、セキュリティコード。

みなさんは自分が持っているクレジットカードのセキュリティコードを把握していますでしょうか?今回はクレジットカードのセキュリティコードについて、詳しく説明をしていきます。

クレジットカードのセキュリティコードとは?

セキュリティコードとは、ネットショッピングなどを利用した際のセキュリティー対策として、クレジットカード番号や有効期限とは別に、カードが手元にあることを証明するため入力をする、3桁、または4桁の番号です。

このセキュリティコードはクレジットカード番号同様、他人に知られないよう注意をしましょう。

国際ブランドごとのセキュリティコードの違い

クレジットカードにはVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレスなど国際ブランドがあり、セキュリティコードはこの国際ブランドごとに、記載されている場所や桁数にちょっとした違いがあります。

なお現在持っているカードが、楽天カードやイオンカード、JALカードといったブランドの場合も、セキュリティコードはこの国際ブランドを元に確認をすればOKです。

セキュリティコードの位置

VISA、Mastercard、JCB、ダイナースのセキュリティコード

カードの裏面の署名欄に印字されている番号の末尾3桁の数字がセキュリティコードです。

American Expressのセキュリティコード

カードの裏面の署名欄に印字されている番号の末尾3桁の数字がセキュリティコードです。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?セキュリティコードの入力を求められた際に、自分の持っているカードの記載場所がどこなのか困らないように、是非チェックをしておきましょう。

「セキュリティ」についての関連リンク

比較記事一覧