海外に旅行するなら現地でクレジットカードを使ったキャッシングがお得?

更新日 2020年8月19日

キャッシングと両替

海外旅行の際に面倒なのが、現地通貨への日本円の両替。
少しでも良いレートで、手数料も抑えて現地通貨を手にしたいところです。

そこで今回は、空港や現地銀行での両替と、クレジットカードでのキャッシング、どちらがお得なのか比べてみましょう。

海外旅行先で現地通貨を手に入れる方法

海外旅行で必要になる現地通貨。ちょっとした支払いやチップ、クレジットカードが使えない場合に備えて用意しておきたいものです。

現地通貨を手に入れるには、空港や銀行、宿泊先のホテルや、両替所で両替してもらうのが一般的。国際キャッシュカードを利用する方法もありますが、5%ほどの手数料がかかります。

それ以外の方法で実は一番お得なのが、渡航先で必要な現金だけをクレジットカードでキャッシングする方法です。

両替の手数料はどれくらい?

旅行先の空港に到着したら、まず現地通貨に両替をする人は多いのではないでしょうか。
実は、空港や銀行での両替は意外と手数料が高いのをご存知ですか?

空港や銀行での両替はレートが悪いという印象がありますが、実際1ドル当たり3円、1ユーロで6円、1ポンドでは11円の両替手数料が為替レートに上乗せされているのです。

もし、100ドル両替すると300円、1,000ドルだと3,000円の手数料がかかることになります。
マイナーな通貨では、さらに手数料が高い場合もあります。

キャッシングの利息の方がお得?

そこで外貨両替よりもおすすめなのが、クレジットカードを使ったキャッシング。
使い方は日本でキャッシングをするのと同じで、空港やショッピングセンター、街中などのATMで気軽に現金を引き出すことができます。

キャッシングは利息が高いというイメージがありますが、利息は日割りで計算します。
金利18%(月利約1.5%)で1,000ドルキャッシングして30~40日後に返済すると利息は2,000円前後

少しでも金利を安くするには、帰国してすぐにATMで返済してしまうのがおすすめです。

※参考:クレジットカードのキャッシングについてもっと詳しく。メリットとデメリット

キャッシングで便利な国際ブランドは

海外でキャッシングをするなら、クレジットカードの国際ブランは、VISAかMasterCardがおすすめです。

VISAはPLUS(プラス)、MasterCardはCirrus(シーラス)のマークが付いたATMで利用可能なので、街中でもそれほど探すのに苦労をすることは無いと思います。

この記事のまとめ

クレジットカードのキャッシングであれば、お財布の中身や予定に応じて手持ちの現金を調整できるのも魅力。

見知らぬ土地で、両替に時間を取られたり、大金を持ち歩く必要もありません。クレジットカードを賢く使ってお得に海外旅行をしてくださいね。

初心者向けの記事一覧

比較記事一覧