クレジットカードの2枚持ちならこの組み合わせがおすすめ

更新日 2020年11月5日

2枚持ちのすすめ

クレジットカードは何枚持っていますか?1枚に集約している人、2枚もしくはそれ以上持っている人も多いかと思います。

ただあまり持ちすぎるのも、ポイントが分散してしまったり、年会費が無駄になるのでもったいないです。
また明細の管理がしづらくなり、最悪、不正利用されても、気づかない場合も出てきます。

一方、1枚しかないと、場所によっては持っているクレジットカードの国際ブランドが支払いに使えない際や、限度額・サービスなどの面で、物足りなく感じることもあります。

そこで今回は、効率よく2枚のクレジットカードを使いこなす組み合わせを、いくつか紹介したいと思います。

クレカ2枚持ちのコツは?相性の良いカードを持つと便利

「カードを沢山持っているけど上手く使いこなせていないな」と感じた場合、何枚か解約して整理した後、持っているカードと相性のいいカードを新規で持つのも賢い選択です。

これから詳しくご説明しますが、「相性のいいカード」というのは、お互いの良い所が組み合わせられるクレジットカードです。
例えば、国際ブランド違いで持ったり、ポイント目的と付帯保険目的のカードで持つなどの組み合わせがあります。

もし新規に申し込む場合は、1枚づつにしておきましょう。 短期間(半年以内)に複数枚申しこむと、クレジットカードの審査などのに利用される信用情報に傷が付く恐れがあります。

おすすめのクレジットカードの組み合わせ

国際ブランドで組み合わせる

クレジットカードの5大国際ブランドと言われるものとして、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、ダイナースが挙げられます。
このうち、VISAとMasterCardの世界シェアが現在1、2位となっており、特に海外に行く際にはVISAかMasterCardを持っていると安心です。

※参考:VISAやMasterCardってなに?

今持っているクレジットカードの国際ブランドがJCB、AMEX、ダイナースしかない場合には、VISAかMasterCardのクレジットカードを組み合わせるのがおすすめです。

おすすめの組みあわせ

三井住友カード×JCB CARD W
三井住友カードの画像

三井住友カード

JCB CARD Wの画像

JCB CARD W


解説者
筆者

楽天カードなど国際ブランド違いで2枚同じカードを持つことができるカードもあります。

高還元率カード×ゴールドカード

高還元率カードとステータスカードの組み合わせは、普段の買い物やネットショッピング用のカードと、海外旅行などの際に持っていると安心できるカードの組み合わせです。

高還元率カード

普段使いやメインカードにして、ポイント目的で使います。
よく買い物をする店舗のカードや、ポイント還元が高いカードを選ぶようにしましょう。

ご自身のライフスタイルに合ったカードで、毎日の買い物や毎月の携帯代や公共料金などの生活固定費を払えば、効率良くポイントが貯まります。

ゴールドカード

海外旅行傷害保険が充実していたり、空港ラウンジが無料で利用できたり、またマイルが多く貯まったりと、旅行の際に嬉しいサービスが充実している場合が多いです。
またステータスのあるカードは、信頼と認知度があり、限度額も高く設定されているので、大きな買い物をした時でも、支払いの際に慌てることなく、優越感を得ることもできます。

おすすめの組みあわせ

Orico Card THE POINT×JCBゴールド
Orico Card THE POINTの画像

Orico Card THE POINT

JCBゴールドの画像

JCBゴールド


航空系カード×年会費無料カード

クレジットカードの中には、ANAやJALが発行し、マイルが貯まりやすいクレジットカードがあります。
マイルを貯めたい方は、航空系のカードと年会費が無料のカードを組み合わせて持つのもおすすめです。

※参考:マイレージ・マイルって何?効率よく貯めるには?

基本は航空系のクレジットカードを利用し、紛失時や限度額に到達した場合など非常の際に年会費無料カード、といった使い方をすると効率よくマイルを貯められます!

航空系カード

年に1回しか飛行機に乗らない方でも、航空系のカードの場合、入会キャンペーンや、毎年の継続時、初回搭乗ボーナスでマイルがもらえるので、マイルを貯めるならやはり航空系カードがおすすめです。
またANAカードJALカード共にマイルがお得に貯まる特約店の数が多いので、飛行機に乗らなくても、普段の買い物で効率良くマイルを貯めることができます。

年会費無料カード

年会費無料であれば、維持費がかからないのでサブカードとして持ちやすいですよね。
年会費無料のクレカを選ぶ際は、同じ航空会社のマイルに交換できる組み合わせにしましょう!

おすすめの組み合わせ【1】:JALマイルを貯めたい方

JALカード×dカード
JALカードの画像

JALカード

dカードの画像

dカード


おすすめの組み合わせ【2】:ANAマイルを貯めたい方

ANA JCBカード×楽天カード
ANAカード(JCB)

ANA JCBカード

楽天カードの画像

楽天カード


この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?複数持っていてポイントが分散していたり、クレジットカードを1枚だけに制限していている方も多いのではないかと思います。
もちろん今使っている1枚で特に不便を感じていない方も多くいるかと思います。

クレジットカードを持ちすぎていて、今支払いに使っていないカードが何枚かあるのであれば、上記を参考に、解約するカードを検討してみてはいかがでしょうか?
また、相性の悪い組み合わせで所持している場合は、何枚か解約して新しいカードに持ち替えるのも手です。

必ずしも2枚持つことが良いわけではなく、2枚持つ必要が出てきた場合、また2枚に集約をしようとする際には、お互いの良い所が組み合わせられるクレジットカードを持つようにしましょう。