携帯料金や公共料金をクレジットカード払いにした方が良い理由まとめ

更新日 2020年8月19日

「携帯料金や公共料金の支払いはクレジットカードがおすすめ」と発言している女性

電気・ガス・水道などの公共料金やケータイ料金を銀行口座から引き落としたり, コンビニで振り込んだりしていませんか?

実はこれらの料金をクレジットカードで支払うと断然お得なんですよ! その理由とクレジットカード選びのポイントをまとめてみました。

公共料金やケータイ代をクレカ払いにするメリット

電気・ガス・水道などの公共料金やケータイ料金をクレジットカード払いにする主なメリットは以下の3つです。

2と3は管理する上で手間が省けるというメリットですが、1は金銭的にお得なメリットになります。

クレカのポイントが貯まるとお得なの?

電気・ガス・水道などの公共料金やケータイ料金を銀行の引き落としやコンビニで振り込めば, ただ支払っているだけに過ぎません。

一方 クレジットカードで支払えば金額に応じてポイントが貯まり, 貯まったポイントで買い物ができる上, 電子マネーや他のポイントに交換することもできます。

楽天カードのような還元率1%以上のクレカならお得になること間違いなし!

実際にはどれくらい得なの?

例えば 電気・ガス・水道などの公共料金, ケータイ料金, インターネットのプロバイダ料金, NHK受信料などを含めた固定費が月3万円の場合, 年間の支払金額は36万円です。

これをクレジットカード払いにすると還元率1%で年3,600円分のポイントになり, その分お得になります。

家賃や保険料などもクレジットカード払いにすれば, さらに還元されるポイントは上がるでしょう。 またカード払いにすることで年間利用額も上がり, 還元率の上昇やボーナスポイント獲得も期待できます。

クレジットカード選びのポイント

公共料金やケータイ料金をお得に支払うためには, 以下のポイントに留意してクレジットカードを選ぶようにしましょう。

還元率の高いクレジットカードはポイントを貯めやすいというメリットがある反面, 年会費が高かったり作りにくかったりするので注意しましょう。 カードが作れなければ意味がありませんからね。

ポイントが貯まるクレジットカードとは?

数あるクレジットカードの中から公共料金等の支払いにおすすめなカードをピックアップ!どれも年会費無料です。

楽天カード

公共料金の支払い以外でもポイントが貯めやすく、ポイントの使いやすさも魅力。さらに、年会費も永年無料です。

リクルートカード

最大のメリットは、還元率が1.2%でポイントを貯めやすいところ。また、年会費が永年無料な上、専業主婦やフリーターでも気軽に作れます。

まとめ

電気・ガス・水道などの公共料金やケータイ料金をクレジットカード払いにすれば支払金額に応じてポイントを獲得できるので断然お得です!

新たにカードを作る場合は 還元率 や 年会費、ポイントの使いやすさ などを比較検討することをおすすめします!

※参考:自分に合ったクレジットカード選びのポイントとは?

「ポイント還元率」についての関連リンク

比較記事一覧