海外旅行や初めてのクレカにおすすめの学生向けカードとは

更新日 2020年5月19日

高校を卒業するとクレジットカードが持てるようになります。
「海外旅行に初めて行くから」「初めての一人暮らしで口座引き落としに使いたい」など、様々な理由でクレカを検討し始めるころですよね。

学生限定のクレジットカードを比較

クレジットカードの中でも「学生専用」という学生の間しか持てないカードは、一般カードにはないメリットや特典が満載です。
在学中、とてもお得に使うことができます。

もちろん、楽天カードエポスカードのように、学生専用カードでなくても年会費が無料で還元率や付帯保険に優れているクレカもたくさんあります!
また、一部のカード会社では、学生専用でないものの「20代は年会費や還元率を優遇」といった若者限定のカードもラインナップされています。

今回は「初めてクレカを作ろう」と考え始めた学生さんにもおすすめのカードを比較しました!

学生向けクレカを徹底比較!

COMPARISON

学生向けのクレカでも申し込みできる年齢や海外旅行保険の補償レベル、クレカが発行されるスピードなど様々な違いがあります。

申込み資格・利用限度額で比較

         
申込み資格・利用限度額で比較
クレジットカード名 年会費 利用限度額 年齢 属性
JALカードnavi

JALカードnavi

無料 10万円 18歳以上30歳以下
(高校生除く学生)
学生専用
ライフカード (学生専用)

ライフカード (学生専用)

無料 30万円 18歳以上25歳以下
(高校生除く学生)
学生専用
エポスカードの画像

エポスカード

無料 100万円 18歳以上 一般
楽天カードの画像

楽天カード

無料 100万円 18歳以上 一般
三井住友カードデビュープラスの画像

三井住友カードデビュープラス

年に1度の利用で無料 30万円 18歳以上25歳以下 一般
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードの画像

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード

25歳まで無料 150万円 18歳以上 一般

比較のポイント

学生専用カードであるJALカードnaviライフカード (学生専用)は、利用限度額が低く設定されています。
学生は収入が限られているので、どうしても限度額は低い傾向があります。

一般カードも限度額は高いですが、学生の場合は学生専用カードと同程度(10~30万円)でしか利用限度額が設定されない可能性が高いです。

学生専用ではないですが、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード などのように、年齢で年会費や特典が優遇される場合もあります。

学生カードや年齢別クレカを使い続けることで、将来的にゴールドカードなどの上位カードに切り替えてくれるパターンもあります。

三井住友カードデビュープラスは26歳まで使い続ければ、三井住友カードプライムゴールドに自動切り替えとなり、20代でゴールドカードを持つことができます!

海外旅行保険で比較

                   
海外旅行保険で比較
クレジットカード名 付帯 傷害死亡・後遺障害 治療費 賠償責任
JALカードnavi

JALカードnavi

自動付帯 1,000万円 50万円 2,000万円
ライフカード (学生専用)

ライフカード (学生専用)

自動付帯 2,000万円 200万円2,000万円
エポスカードの画像

エポスカード

自動付帯 500万円 270万円2,000万円
楽天カードの画像

楽天カード

利用付帯 2,000万円 200万円2,000万円
三井住友カードデビュープラスの画像

三井住友カードデビュープラス

なし - --
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードの画像

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード

自動付帯 3,000万円 300万円3,000万円

比較のポイント

JALカードnavi ライフカード (学生専用) エポスカード セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード は海外旅行保険が自動付帯されています。
年会費無料で海外旅行保険が自動付帯されているクレカは少ないので、それを選んでもお得といえます。

ただ、疫病・障害治療補償がカードによって大きく異なります
JALカードnaviは50万円が上限なのに対し、 エポスカード は270万円まで補償してくれます。

解説者
一言解説

クレジットカードの旅行傷害保険(治療費)は複数枚を「合算」可能です。例えばJALカードnavi(治療費50万)とエポスカード(270万円)の2枚を持っていれば、最大で合計320万円の治療費を見込めます。なお死亡・後遺障害は合算ではなく「最高額」が高いクレカ1枚のみ適用されます。

※参考:旅行傷害保険で比較

発行スピードで比較

    
発行スピードで比較
クレジットカード名 発行 申し込み方法 受取り方法
JALカードnavi

JALカードnavi

2週間 インターネット
郵送
郵送
ライフカード (学生専用)

ライフカード (学生専用)

最短3営業日 インターネット
郵送
郵送
エポスカードの画像

エポスカード

最短即日 店頭
インターネット
郵送
店頭
郵送
楽天カードの画像

楽天カード

1週間程度 インターネット 郵送
三井住友カードデビュープラスの画像

三井住友カードデビュープラス

最短翌営業日 インターネット 郵送
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードの画像

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード

最短翌即日 店頭
インターネット
郵送
店頭
郵送

比較のポイント

エポスカードセゾン ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード最短即日で受け取りが可能です(店舗受け取り)。
海外旅行前に急遽クレジットカードを作りたい(または追加したい)、少し大きめの買い物を今してしまいたい…という場合に役立ちますね。

ライフカード (学生専用) 三井住友カードデビュープラスも発行が早いです。ただし、これらのカードは発行日=カード会社発送日であることが多いため、実質郵送受け取りは発行日の1~数日後になることが多いので注意しましょう。

初心者必見!学生向けクレカのQ&A

アルバイトもしていない学生ですが、クレカの審査に通りますか?

学生の審査は主に以下の3点で行われます。
①保護者の属性や金融履歴
②学生本人の信用情報
③未成年の場合は保護者の同意

学生に支払い能力がないことはカード会社もわかっているため、社会人に比べて審査のハードルが下がる傾向にあります。

しかし、①保護者の信用情報に傷がある、②学生自身の信用情報に問題があるなどの場合、いくら学生向けのクレカでも審査落ちしてしまうリスクがあります。

特に多いのが携帯電話の支払いを遅延してしまっているパターンです。
携帯電話の分割支払いも立派なローンですので、支払い遅延がたびたび起きてしまうと「金融事故」(ブラックリスト)として扱われ、新規カード発行に大きな支障ができます。
他にも、すでに持っているクレカの支払い履歴の問題があっても同様です。

また、支払い能力のない学生が複数枚のクレカを持つことも審査落ちの原因となる可能性があります。メインカード(マイルを貯めたいなど)をしっかり決め、サブカードは1枚、多くても2枚に収めるのが良いでしょう。

クレジットカードは何に使えばよいのですか?

クレジットカードの使い道は様々あります。また、クレジットカードによっては支払い額の0.5%~1%(またはそれ以上)ポイントやマイルが還元されます。
このポイントやマイルを貯めてほしいものを買ったり旅行や帰省に使うのが良いでしょう。

今回紹介したJALカードnaviでマイルを貯めるのも良し、 ライフカード (学生専用) でポイントを貯めてネットショップなどでお得に買い物するのも良いですね。

そのポイントやマイルを貯めるためにも、日々の決済をクレジットカードで行うのがおすすめです。
中でも固定費は毎月必ず支出されるものなので、安定的にポイントを貯められます。携帯電話、インターネットプロバイダ、光熱費など多くの支払い方法に今はクレカが選択可能です。

その他、コンビニやスーパーでの支払い、ネットショッピングで必要なものを買う際にクレカで決済してでコツコツポイントを貯めるのがおすすめです。

海外旅行が大好きです。国際ブランドはどうするべきでしょうか?

理想は複数の海外ブランドを使い分けることですが、最初の1枚としてはVISAまたはmasterを選択するのがおすすめです。
VISAが世界シェア1位、masterが2位ですので、この2つのどちらかを持っていれば世界中どこでも使えるといっても過言ではないでしょう。

日本発のプロパーであるJCBも国内やアジア圏では比較的強いため、VISAかmasterどちらかを持っている場合は、JCBを選んでも問題ありません。

クレジットカードの利用限度額を増やしたいです。上限は?

学生は支払い能力が社会人に比べて低いため、限度額があらかじめ低くなっている傾向にあります。

JALカードnaviのように、学生専用カードの場合はそもそも限度額が10万円程度しかないパターンもよく見られます。

基本的には、地道にクレカを使い続け、支払いも延滞なくきちんと納め続けて「クレジットヒストリー」を積み上げることが大切です。

カード会社は「この人はきちんとお金の管理をできる人なのか」を支払い実績から判断します。
そのため、毎月ある程度の利用があり、かつ遅延や残金不足といったエラーがない人ならば、「信用できる」とカード会社も判断して枠を増やしてくれることがあります。

ただ、学生の場合は安定した収入が見込めないため、現実的に利用限度額は多くても30万円程度までになると思われます。

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

比較記事一覧