さまざまなシーンで活用できるANAマイルを貯めてお得生活を送ろう!

更新日 2020年5月20日

マイルは旅行のときにしか利用する機会がないと思っていませんか?
実は、ANAマイルは普段の生活でも貯めることができ、旅行以外でもいろいろな使い方があります。
クレジットカードとともに使えばさらにお得!今回はそんなANAマイルについて紹介していきます。

ANAマイルをためてお得生活

旅行をサポートするANAマイルとは?

マイルとは航空会社が提供するポイント制度で、ANAマイルはANA(全日空)がフライトや生活シーンで顧客に提供するポイントです。

貯まったマイルは、フライトチケットをはじめ、ツアー、ホテル宿泊、レンタカーなどに利用でき、旅行をより快適にサポートしてくれます。

旅行以外のANAマイルの使い方

ANAマイルは旅行をサポートするだけでなく、クーポンに交換することでホテルの食事券やテーマパークの利用券、ネットショッピングの割引券として利用することができます。

また、貯まったANAマイルを提携パートナーである各種ポイントに交換することも可能です。
交換できるのは、楽天スーパーポイント、Tポイント、セブンカード、ヤマダポイント、Suicaポイントなど、生活に密着したポイントばかり。
旅行をあまりしない人でもお得に使えるのが魅力です。

ANAマイルを貯めるには?

ANAマイルは国内外を問わず、ANAのフライトを利用することで貯めることができます。
獲得できるマイル数はフライトの距離により決められ、使用期限が設定されているので注意しましょう。

また、提携するホテルや予約サイトの利用、提携ショップでの買い物でもマイルを貯めることができます。
提携先ショップはファッション、小物、メガネ、家電、スーパー、コンビニ、ドラッグストアなど多種多様。
加えて、レンタカー、ガソリンスタンド、タクシー、駐車場などをANAカードで支払うことでもマイルが貯まります。

ANAカードを使って効率よく貯めよう!

ANAマイルを効率よく貯めるには、ANAのクレジットカード「ANAカード」で決済するのがおすすめ。
ANAカードで支払いすれば、クレジットカードのポイントが貯まるだけでなく、ANAマイルも貯まります。

また、クレジットカードのポイントはマイルに交換できるので、効率よくマイルを貯めることができます。さらに、カードの入会や継続時にはボーナスマイル付与の特典つきなのでお得です。

ANAマイルが貯まるカードはコレ!

ANAマイルが貯まるのは、やはりANAカード。
一般的なANAカードには、VISA、マスター、JCB、アメリカン・エキスプレスがあり、電子マネー「iD」あるいは「楽天Edy」が標準搭載されています。

また、ANAマイルとSuica機能が搭載されたANAカードなら、その1枚で飛行機、電車、買い物が可能でとても便利です。

一般カード、ワイドカード、ワイドゴールド、プラチナミレニアムにランク分けされ、入会金、年会費、ボーナスマイルなどが異なるのでよく比較検討して選ぶようにしましょう。

※参考:ANAのマイルが貯まりやすいおすすめのクレカ

この記事のまとめ

ANAのクレジットカードなら効率よくマイルが貯められ、フライトや買い物にも使えてお得です。

旅行好きな方はもちろん、あまり旅行をしない方でもお得に使えるANAマイル。効率よく貯めてお得生活を楽しんでみてはどうでしょう。

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

「マイル」についての関連リンク

比較記事一覧